クラーケンとは

クラーケン(Kraken)は2011年に米国サンフランシスコで創業した、強固なセキュリティを誇る世界最大級の暗号資産取引所です。クラーケンでは、スポット(現物)取引だけでなく、信用取引、デリバティブ取引、パラチェーンオークション、ステーキングやインデックス(指数)提供などの様々なサービスを早期から展開してきました。現在グループにおいては、暗号資産は200種類以上、法定通貨は日本円を含む8種類の取扱いを行なっており、世界190カ国以上で機関投資家を含む900万以上のお客様に対して、24時間365日多言語でのカスタマーサポートを提供しています。

 

クラーケンのミッション「暗号資産の普及を加速させる(Accelerate the adoption of cryptocurrency)」を実現するために、創業以来、セキュリティと顧客資産の保護を何よりも重要視してきました。お客様の資産が保全されていることを証明する「Proof of Reserves」の取り組みを行ったのは、クラーケンが世界で初めてです。

 

クラーケン・ジャパン(商号:Payward Asia株式会社)は2020年9月に暗号資産交換業の登録を行い、同年10月より日本でのサービス提供を開始しました。日本居住者のお客様に対しては、現在取引所及び販売所のほか、ステーキングサービスを提供しています。当社では、独立した監査法人による、利用者財産の分別管理に関する監査を受けており、お客様の資産を当社の資産と分別して管理していますので、安心・安全にお取引いただけます。

※国ごとに取扱う暗号資産やサービスは異なります。