ビットコイン まだ強気派の支配は終わらず【クラーケン・インテリジェンス】

ブロックチェーン上の取引データを分析して仮想通貨トレードに活かす手法は「オンチェーン分析」と呼ばれる。クラーケン・インテリジェンスは、毎週、10個のオンチェーン関連チャートを更新してビットコインの歴史における相場の天井もしくは底と現在価格との距離を定点観測している。 今週の注目も「ビットコイン強気相場 週間サポート」。軟調な展開が続くビットコイン だが、2週連続で20週EMA付近で反発したことが確認できた。強気派が未だに相場をコントロールしていることを示唆している。

「イーサリアムのライバル」ソラナ フィーバーしすぎ?【クラーケン・インテリジェンス】

「イーサリアムキラー」ことソラナ (SOL)の勢いが止まらない。9月7日にビットコインを始め仮想通貨市場全体が急落したが、ソラナ だけは上昇トレンドをキープ。過去1週間で40%以上のプラスを記録した。 米大手経済番組CNBCもソラナに注目。「1ヵ月で400%上昇し一気に時価総額6位になった仮想通貨」として紹介している。クラーケン・インテリジェンスのリサーチャーの言葉を借りると、「おばあちゃんまで話題にしている」ほど米国では注目されている。

ビットコイン 歴史的に重要なサポートでしっかり反発【クラーケン・インテリジェンス】

ブロックチェーン上の取引データを分析して仮想通貨トレードに活かす手法は「オンチェーン分析」と呼ばれる。クラーケン・インテリジェンスは、毎週、10個のオンチェーン関連チャートを更新してビットコインの歴史における相場の天井もしくは底と現在価格との距離を定点観測している。 今日の注目は、「ビットコイン強気相場 週間サポート」。昨日のビットコインは一時4万2900ドルまで急落したが、20週指数平滑移動平均線(EMA)付近で反発。歴史的なサポートがしっかりと機能した。

ビットコイン 5万ドル突破苦戦も安定感がある訳【クラーケン・インテリジェンス】

ブロックチェーン上の取引データを分析して仮想通貨トレードに活かす手法は「オンチェーン分析」と呼ばれる。クラーケン・インテリジェンスは、毎週、10個のオンチェーン関連チャートを更新してビットコインの歴史における相場の天井もしくは底と現在価格との距離を定点観測している。 今週の注目は、「ビットコイン強気相場 週間サポート」。2つの重要なサポートを3週連続で上回っている。5万ドル突破に苦戦しているビットコインだが、下落のたびにサポートで反発することが見込まれる。