ビットコイン、9週連続で重要サポート上回る【クラーケン・インテリジェンス】

ブロックチェーン上の取引データを分析して仮想通貨トレードに活かす手法は「オンチェーン分析」と呼ばれる。クラーケン・インテリジェンスは、毎週、10個のオンチェーン関連チャートを更新してビットコインの歴史における相場の天井もしくは底と現在価格との距離を定点観測している。 今回の注目は、「ビットコイン強気相場 週間サポート」。9週連続で2つの重要なサポートを上回った水準で推移していることから、ビットコインが引き続き強気相場であることを示唆している。

ビットコインのマイナー、利益確定の兆候見られず【クラーケン・インテリジェンス】

本日は米国の感謝祭。マーケットは休暇モードだが、ビットコイン(BTC)は4日ぶりの6万ドル回復を目指して緩やかに上昇している。米議会上院のエリザベス・ウォーレン議員が、感謝祭に必要な食材が例年より高い理由は「強欲な企業が株価維持のために値上げしたから」とツイートしたことが話題になっている。果たして本当にそうなのか?と懐疑的に見る仮想通貨業界関係者は多い。「インフレ」をめぐる議論は、今後も、ビットコイン相場を占う上で一番重要なテーマの一つになるだろう。

取引所が保有する2大仮想通貨 歴史的低水準に【クラーケン・インテリジェンス】

11月も残り1週間ほどになった。ビットコインの2011年以降の11月平均リターンは、+53%。今年の11月はこれまで約−7%。年末ラリーを期待していたのに強気相場が終わってしまったのではないか逆に不安になっている投資家がいるかもしれない。 しかし、クラーケンの研究チーム「クラーケン・インテリジェンス」のオンチェーン分析では、ビットコインに対する強い需要が依然として存在しており、マーケットがピークを過ぎた兆候はみられない、としている。

ビットコイン 大きな調整局面のサイン?【クラーケン・インテリジェンス】

ブロックチェーン上の取引データを分析して仮想通貨トレードに活かす手法は「オンチェーン分析」と呼ばれる。クラーケン・インテリジェンスは、毎週、10個のオンチェーン関連チャートを更新してビットコインの歴史における相場の天井もしくは底と現在価格との距離を定点観測している。 今日の注目は「ビットコインのSOPR(Spent Output Profit Ratio)」。まもなくビットコインが大幅な調整局面を迎えるか見極める上で重要なサインが出るかもしれません。

ビットコイン、まだ強気相場ピークではない【クラーケン・インテリジェンス】

ブロックチェーン上の取引データを分析して仮想通貨トレードに活かす手法は「オンチェーン分析」と呼ばれる。クラーケン・インテリジェンスは、毎週、10個のオンチェーン関連チャートを更新してビットコインの歴史における相場の天井もしくは底と現在価格との距離を定点観測している。 今日の注目は「ビットコインのSOPR(Spent Output Profit Ratio)」。現在の水準からビットコインがさらに高値を狙えることを示唆している。

【注意喚起】暗号資産を利用した詐欺にご注意ください

インターネットやSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を介して知り合った海外在住と思われる異性(軍人、医師、国連職員、船員、資産家等)と交際する過程で、本人や家族の生活費、渡航経費の送金など多種多様な名目で暗号資産の送付を求められる「詐欺」(国際ロマンス詐欺)と思しき事案が多発しています。

31年ぶりの高インフレ 足元で起きるビットコイン回帰現象【クラーケン・インテリジェンス】

ビットコイン(BTC)は、10月20日ぶりに過去最高値を更新した。​​米国の10月の消費者物価指数(CPI)が前年同月比でプラス6.2%と1990年11月以来約31年ぶりに6%台に到達。その発表を前にビットコインは急騰し一時は6万9000ドル近くに迫ったが、発表後の数時間で大きく値を崩した。また、今日は中国の不動産開発大手「恒大集団」の債務危機問題も横目に気にしながらの展開となった。