31年ぶりの高インフレ 足元で起きるビットコイン回帰現象【クラーケン・インテリジェンス】

ビットコイン(BTC)は、10月20日ぶりに過去最高値を更新した。​​米国の10月の消費者物価指数(CPI)が前年同月比でプラス6.2%と1990年11月以来約31年ぶりに6%台に到達。その発表を前にビットコインは急騰し一時は6万9000ドル近くに迫ったが、発表後の数時間で大きく値を崩した。また、今日は中国の不動産開発大手「恒大集団」の債務危機問題も横目に気にしながらの展開となった。

ビットコイン最高値更新「スーパーサイクル」へ【クラーケン・インテリジェンス】

ブロックチェーン上の取引データを分析して仮想通貨トレードに活かす手法は「オンチェーン分析」と呼ばれる。クラーケン・インテリジェンスは、毎週、10個のオンチェーン関連チャートを更新してビットコインの歴史における相場の天井もしくは底と現在価格との距離を定点観測している。

過去最高値更新のイーサリアム 次のレジスタンスは?【クラーケン・インテリジェンス】

ブロックチェーン上の取引データを分析して仮想通貨トレードに活かす手法は「オンチェーン分析」と呼ばれる。クラーケン・インテリジェンスは、毎週、10個のオンチェーン関連チャートを更新してビットコインの歴史における相場の天井もしくは底と現在価格との距離を定点観測している。 [NEW!] LINE始めました!フォローをお願いします。 Twitter始めました!フォローお願いします。

ビットコイン長期保有者 利益確定の兆候なし【クラーケン・インテリジェンス】

ビットコインは10月20日に過去最高値を更新したあと、落ち着いたペースで推移している。そろそろ調整を懸念する投資家もいるかもしれないが、クラーケン・インテリジェンスのオンチェーン分析によると、長期保有者に利益確定の兆候はみられない。

ビットコイン 依然上昇トレンドのサイン【クラーケン・インテリジェンス】

ブロックチェーン上の取引データを分析して仮想通貨トレードに活かす手法は「オンチェーン分析」と呼ばれる。クラーケン・インテリジェンスは、毎週、10個のオンチェーン関連チャートを更新してビットコインの歴史における相場の天井もしくは底と現在価格との距離を定点観測している。

ビットコインETF 「現物」の方は?【クラーケン】

米国初のビットコイン先物ETFの初日取引を受けて、ビットコインは米ドル建ての過去最高値更新に向けて推移している。 米資産運用会社ProSharesが申請したビットコイン先物ETFは、10月19日にニューヨーク証券取引所のArcaに上場。初日の取引高は10億ドルを突破し、ETF史上でも過去最高レベルの滑り出しとなった。