MV token

【日本初!】クラーケン・ジャパン仮想通貨 「元素騎士メタバース(MV)」の取扱いを開始 | Kraken Japan to support GensoKishi Metaverse

(English follows below)  クラーケン・ジャパンは、仮想通貨(暗号資産)元素騎士メタバース(MV)の取扱いを開始しましたのでお知らせいたします。 販売所では、日本円(JPY)をはじめ、米ドル(USD)およびユーロ(EUR)でMVの取引が可能です。また、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)などクラーケン・ジャパンが取扱う仮想通貨での取引にも対応しています。なお、取引所では、米ドル(USD)およびユーロ(EUR)のみの取扱いとなります。  

クラーケン、仮想通貨ステラルーメンとイーサリアム・クラシックの取り扱い開始

クラーケン・ジャパンは、仮想通貨(暗号資産)ステラ(XLM)とイーサリアムクラシック(ETC)の取り扱いを開始したことをお知らせします。 ステラルーメン(XLM)とは? ステラは、ブロックチェーン技術を使うことで、非効率で手数料が高い既存の国際送金システムの代替になることを目指しています。2014年にリップル(XRP)の共同創設者であるジェド・マケーレブ氏によって作られました。リップルと同じように、金融機関や決済手段提供者に対して送金ソリューションを提案しています。 イーサリアムクラシック(ETC)とは? イーサリアムクラシックは、2016年、当時のイーサリアムの人気アプリである「The DAO」がハッキングされたことを受け誕生しました。ハッキングを受けたとしてもイーサリアムのブロックチェーンを変えるべきでないと考えた一部のユーザーが、イーサリアムの開発者に提案された新しいコードへのアップグレードを拒否したことが誕生のきっかけです。

イーサリアム 重要サポートだった「Band4」陥落【クラーケン・インテリジェンス】

クラーケン・インテリジェンスは、毎週、仮想通貨チャートを更新して、歴史から見た相場の天井もしくは底と、現在価格との距離を定点観測している。 今回の注目は「イーサリアム対数回帰レインボー」。ここ数日の急落によって、これまでサポートとなってきたBand4を下回った。

【注意喚起】Krakenを不正に名乗る不審な勧誘等について/【Attention】Suspicious Solicitation that Fraudulently claiming to be Kraken

(English follows below) 当社及びそのグループ会社(以下、「Kraken」と言います)を不正に名乗り、指定する暗号資産アドレスへの暗号資産の支払いを要求する事例が確認されています。 暗号資産の送付等取引に際しては、下記の【不審な勧誘等】の事例に当てはまらないかをご確認ください。一度送付した暗号資産については取り戻すことができません。 少しでも不審に思われた場合、取引を見合わせることを含めて、慎重にご対応ください。

ビットコイン「売られすぎ」2つのチャートが示唆【クラーケン・インテリジェンス】

クラーケン・インテリジェンスは、毎週、仮想通貨チャートを更新して、歴史から見た相場の天井もしくは底と、現在価格との距離を定点観測している。 今回の注目は、ビットコイン対数成長曲線。ビットコインが売られすぎの水準に突入したことが分かる。

ビットコイン 重要な週間サポート2つを下回る【クラーケン・インテリジェンス】

クラーケン・インテリジェンスは、毎週、仮想通貨チャートを更新して、歴史から見た相場の天井もしくは底と、現在価格との距離を定点観測している。 今回の注目は、「ビットコイン強気相場 週間サポート」。ビットコインは、歴史的に重要なサポート2つを再び下回った。