Sparkトークンの付与に係るお知らせ

English follows Japanese Krakenをご利用いただきありがとうございます。 Sparkトークンに関する当社の対応をご案内いたします。 暗号資産リップル(XRP)の保有者に対して、Flare Networks上のネイティブトークンである暗号資産「Sparkトークン」を付与(エアドロップ)する予定であることが発表されています。 当社では、日本居住のお客様よりお預かりしているリップル(XRP)について、以下のとおり対応いたします。

ビットコイン・キャッシュのハードフォーク(11月15日)に関する重要なお知らせ

(English follows Japanese) ビットコイン・キャッシュ(以下、BCH)は、予定されているプロトコルアップグレードの一環として、2020年11月15日21時頃(日本時間)にハードフォークします。このアップグレードではノード間で一部機能の追加を巡って意見が対立していることに起因して、ハードフォークの後に2つのチェーンが生じる可能性があります。 分割される可能性が高いのは、「ビットコイン・キャッシュノード(以下、BCH N)」と「ビットコイン・キャッシュ ABC(以下、BCH ABC)」です。現在、ブロックの70%以上がBCH NにSignalingし、一方 BCH ABCにSignalingいるのは1%未満であるため、BCH Nが既存マイナーから大多数の支持を集めています。 各マイナーのSignaling動向はこちらでご確認いただけます。 今回のはBCHハードフォークに関するKrakenの対応予定の概要は次のとおりです。

日本での入出金と取引の開始のお知らせ

(English follows Japanese)   2020年10月22日 Payward Asia株式会社 KrakenグループのPayward Asia株式会社、日本での入出金と取引の開始のお知らせ 世界的に最もセキュリティが高いとの評価を継続的に受け、かつ、ヨーロッパでは最大の暗号資産(仮想通貨)取引所であるKraken(クラーケン)は、2020年10月22日付で、日本での入出金と取引サービスを開始したことをお知らせいたします。既に口座開設の手続きを終えたお客様は、Krakenの日本でのバンキングパートナーである住信SBIネット銀行を通じた日本円の入出金サービスをご利用いただけます。また、取引については、ビットコイン(XBT)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコイン・キャッシュ(BCH)およびライトコイン(LTC)の主要5資産を対象としたスポット取引(暗号資産と暗号資産の取引ペアおよび法定通貨(日本円)と暗号資産の取引ペア)が、今すぐご利用いただけます。

日本でのサービス提供開始のお知らせ

(English follows Japanese) 2020年9月18日 Payward Asia株式会社 KrakenグループのPayward Asia株式会社、日本でのサービス提供開始のお知らせ デジタル資産取引市場のパイオニアで、ユーロ建ての取引高と流動性が世界最大の暗号資産(仮想通貨)取引所であるKraken(クラーケン)グループの日本法人、Payward Asia株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:千野剛司、以下「当社」)は、2020年9月8日に資金決済に関する法律に基づく暗号資産交換業者としての登録が完了し、9月18日に日本でのサービスの提供(口座開設手続き)を開始したことをお知らせいたします。

暗号資産交換業登録完了のお知らせ

(English follows Japanese) 2020年9月8日 Payward Asia株式会社  KrakenグループのPayward Asia株式会社、暗号資産交換業登録完了のお知らせ Payward Asia株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:千野剛司、以下「当社」)は、本日(2020年9月8日)付で、資金決済に関する法律に基づく暗号資産交換業者としての登録が完了いたしましたことをお知らせいたします。