「イーサリアムキラー」ソラナの夏【クラーケン・インテリジェンス】

ビットコインは17日午前11時(UTC時間)で4万7200ドル付近をつけた後、下落に転じた。これに連動する形でほとんどの主要アルトコイン銘柄が急落。ビットコインのドミナンス(仮想通貨時価総額全体に占める割合)は9週間ぶりの低水準である43.67%で推移していたが、昨日は1%ポイント上昇した。
[NEW!] LINE始めました!フォローをお願いします
Twitter始めました!フォローお願いします

ただ、一部のアルトコインは例外的に力強い値動きを見せた。例えば、NFTのプラットフォームなどでイーサリアム最大の競争相手とも言われる「ソラナ(SOL)」だ。過去3日間で76%上昇し、仮想通貨時価総額ランキングでユニスワップ(UNI)を抜いてトップ10入りした。ソラナ躍進の背景にあるのは、価格のテクニカル的なブレークだけでなく、エコシステムの発達にあるだろう。例えば先週末、ソラナのブロックチェーンでNFTプロジェクトのDegenerate Ape Academyがローンチ。猿のカトゥーン画像1000点が8分で完売した。

また、ソラナは、人気デリバティブ取引所FTXの創業者であるサム・バンクマンフリード氏の投資ファンドが出資していることでも知られている。

執筆時点でソラナは一秒あたり6万5000回の取引が可能。ネットワークに900のバリデーター(参加するコンピューター)が存在し、20億ドルの預かり資産を抱えている。

 

(出典:DefiLlama「ソラナの預かり資産(TVL)」)

レイヤー1ブロックチェーンでの開発競争は、短距離走ではなくマラソンと言われるため、今後の展開は注視する必要がある。ただ、イーサリアムに対抗する新たなプロジェクトが、また一つ、着実に力をつけてきているようだ。

クラーケンでの口座開設はこちら(無料)

[NEW!] LINE始めました!フォローをお願いします
Twitter始めました!フォローお願いします

【ご注意事項】

  • 本資料は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本資料は、本資料作成時点でKrakenグループ及びPayward Asia株式会社(以下合わせて「Kraken 」といいます)が信頼できると判断した情報を基に作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
  • 本資料の情報によって生じたいかなる損害についても、Krakenは一切の責任を負いません。
  • Krakenが、これらの暗号資産の価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
  • Kraken Japan(Payward Asia株式会社)では、BTC、ETH、XRP、LTC及びBCH以外の暗号資産の本邦における取扱いはございません。