ビットコイン 5万5000ドルのレジスタンスに挑戦【クラーケン・インテリジェンス】

ビットコインの5万ドル回復は短命に終わってしまったが、25日(UTC時間)の反発を受けて、再び5万ドルチャレンジに向けた環境が再び整ってきた。

[NEW!] LINE始めました!フォローをお願いします
Twitter始めました!フォローお願いします

(出典:Kraken Intelligence’s OTC Daily「ビットコイン/米ドル(1日)」)

ビットコイン/米ドルの1日足を見てみると、25日の反発は1ヵ月ほど続くアセンディング・チャネルのサポートからの反発だったことが分かる。アセンディング・チャネルの形成は、典型的には、長期目線では弱気パターンだが短期目線で強気パターンであることを意味する。アセンディング・チャネルのサポートにしがみついて推移を続ける限り、ビットコイン価格はじりじりと上がっていくことになるだろう。

もしアセンディング・チャネルを上抜ければ、「長期目線で弱気」という典型的なパターンを無効化することができるだろう。現在、アセンディング・チャネルのレジスタンスは5万5000ドル付近に存在する。

逆にもしアセンディング・チャネルのサポートを下回れば、今度は4万6000ドル付近を推移する200日単純移動平均線(SMA)での反応を確かめる必要が出てくる。

現状では上記サポートが機能したことから、5万5000ドルのレジスタンス挑戦に備えても良い流れになっているかもしれない。

クラーケンでの口座開設はこちら(無料)

[NEW!] LINE始めました!フォローをお願いします
Twitter始めました!フォローお願いします

【ご注意事項】

  • 本資料は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本資料は、本資料作成時点でKrakenグループ及びPayward Asia株式会社(以下合わせて「Kraken 」といいます)が信頼できると判断した情報を基に作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
  • 本資料の情報によって生じたいかなる損害についても、Krakenは一切の責任を負いません。
  • Krakenが、これらの暗号資産の価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
  • Kraken Japan(Payward Asia株式会社)では、BTC、ETH、XRP、LTC及びBCH以外の暗号資産の本邦における取扱いはございません。