時価総額8位のポルカドットがV字回復【クラーケン・インテリジェンス】

「レイヤー1ブーム」の波が時価総額8位のポルカドット (DOT)にもやってきた。

[NEW!] LINE始めました!フォローをお願いします
Twitter始めました!フォローお願いします

レイヤー1とは、ビットコインやイーサリアムなどメインとなるブロックチェーンを指し、手数料削減・スピード改善目的でレイヤー1と別階層に作られるレイヤー2(オフチェーン)と対比するために使われる表現だ。ポルカドットに加え、現在勢いのあるソラナ(SOL)やカルダノ(ADA)、アバランチ(AVAX)などがレイヤー1ブロックチェーンに該当し、イーサリアムに真っ向勝負を仕掛けている。

レイヤー1ブームにもかかわらずポルカドットはこれまで鳴りを潜めていたが、ここにきてV字回復をみせた。
(出典:Kraken Intelligence’s OTC Daily「ポルカドット /米ドル(1日)」)

ポルカドットは7月19日に年初来最安値水準となる10.38ドルを記録したあとで上昇トレンドに入った。テクニカル的に見ると、上昇トレンドを維持して最高値を挑戦するには42ドルのレジスタンスを突破する必要があるだろう。一方、サポートは32ドル付近にある。上昇の背景には何があるのだろうか?レイヤー1ブロックチェーンのブームの他に、DOTのパラチェーンオークションに対する観測があるだろう。

ポルカドットは、異なるブロックチェーンの相互接続(インターオペラビリティ)を目指すブロックチェーン。ポルカドットに対して接続できるチェーンを「パラチェーン」というが、パラチェーンのスポットは100と数が限られており、オークションを通じてプロジェクトに割り当てられる。参加希望のプロジェクトはDOTを使って入札。一般的にプロジェクトは、投資家からDOTを出してもらう代わりに独自トークンを与える「クラウドローン」を実施する。

オークションは現在も進行中。有望なプロジェクトの独自トークンを事前に入手するためにDOTの需要が高まるのではないかという観測があるかもしれない。

クラーケンでの口座開設はこちら(無料)

[NEW!] LINE始めました!フォローをお願いします
Twitter始めました!フォローお願いします

【ご注意事項】

  • 本資料は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本資料は、本資料作成時点でKrakenグループ及びPayward Asia株式会社(以下合わせて「Kraken 」といいます)が信頼できると判断した情報を基に作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
  • 本資料の情報によって生じたいかなる損害についても、Krakenは一切の責任を負いません。
  • Krakenが、これらの暗号資産の価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
  • Kraken Japan(Payward Asia株式会社)では、BTC、ETH、XRP、LTC及びBCH以外の暗号資産の本邦における取扱いはございません。