ビットコインはキャズムを超えた?高まるアニマルスピリッツ【クラーケン・インテリジェンス】

ビットコインは4日続伸して一時5万5000ドルをつけた後、小休止モードに入った。仮想通貨投資家が代わりにマネーを投下したのはアルトコインだ。10月6日(UTC時間)にビットコインのドミナンス(時価総額全体に占める割合)が2ヵ月近くぶりに45%をつけた後、1.3%ポイント下がっている。

[NEW!] LINE始めました!フォローをお願いします
Twitter始めました!フォローお願いします

年末ラリーに対する期待は日に日に高まっている。昨日、ソロス・ファンドの最高投資責任者(CIO)であるドーン・フィッツパトリック氏が、同ファンドがビットコインを保有していることを明かした。同氏は、「ビットコインは本当にインフレヘッジとしてだけ見られているのか」と疑問視し、「メインストリームへのキャズム(乗り超えるべき溝)を超えた」とまで発言した。

また、本日、米証券取引委員会(SEC)が大多数の資産をビットコインで保有する企業の株価と連動するETF(Volt EquityのETF)を承認した。年末に向けて、ビットコインETFの承認に対する期待がますます高くなった。

アニマルスピリッツの高まりを示すデータもある。

ステーブルコインの供給量は増加傾向を維持したままだ。年初は270億ドルしかなかったが、現在は1200億ドルほどに到達。過去30日間だけで50億ドルほどのステーブルコインが新たに発行された。一方、同じ期間でビットコインはたった2%しか上がっていない。

(出典:Kraken Intelligence「ビットコイン価格(青)とステーブルコイン供給量(水色)」)

言い換えると、過去1ヵ月、ビットコイン購入の準備ができた投資家がかなり増えてきているということだろう。9月の調整局面を経て、今後の値動きに期待する投資家は多いようだ。

こうした傾向が続けば、ビットコインの最高値更新が近いと考えて良いかもしれない。

クラーケンでの口座開設はこちら(無料)

[NEW!] LINE始めました!フォローをお願いします
Twitter始めました!フォローお願いします

【ご注意事項】

  • 本資料は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本資料は、本資料作成時点でKrakenグループ及びPayward Asia株式会社(以下合わせて「Kraken 」といいます)が信頼できると判断した情報を基に作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
  • 本資料の情報によって生じたいかなる損害についても、Krakenは一切の責任を負いません。
  • Krakenが、これらの暗号資産の価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
  • Kraken Japan(Payward Asia株式会社)では、BTC、ETH、XRP、LTC及びBCH以外の暗号資産の本邦における取扱いはございません。