Proof of Reserves(独立した会計事務所による残高確認)について新たに通貨を追加しました

twitter logotwitter logo

この度、2022年2回目のProof of Reserves(※)が完了しましたので、お知らせします。今回のProof of Reservesでは、新たにポルカドット(DOT)、リップル(XRP)の対応も開始しました。対応通貨は下記の通りです。

  • BTC
  • ETH*
  • XRP
  • DOT*

注 * ステーキングで獲得した仮想通貨についても対象となります。

※Proof of Reservesとは

クラーケンでは、お客様がクラーケンに預けている仮想通貨をクラーケンが適切に管理しているかを、独立した会計事務所が確認する取組みを行なっています。

 

クラーケンのProof of Reservesについて動画で理解する。(英語版)

 

なお、クラーケンの日本法人であるPayward Asia株式会社においては、Proof of Reservesに加えて、資金決済法に基づき、独立した監査法人による、財務諸表に関する監査及び利用者財産の分別管理に関する監査を受けております。

クラーケンのProof of Reservesの効果を最大限発揮するために、クラーケンが提示する残高がご自身の認識と合致しているかを下記のステップでお確かめください。

  1.  クラーケン口座にサインインする
  2.  ページ右上のアカウントのアイコンから「設定」>「Audits」に進み、「Record ID」もしくは「Merkle Leaf」を確認する。
  3.  「Record ID」を使用して、Armanino LLPのサイトで確認を行い残高があるかを確認する。

上記のステップを行うことにより、皆様の仮想通貨の残高を第三者機関により確認することが可能になります。

 

 

もし対象の仮想通貨(暗号資産)をお持ちで、「Record ID」もしくは「Merkle Leaf」がなかったとしても、心配する必要はありません。その場合、お客様は対象の残高確認期間に対象の仮想通貨を保有していなかったことを意味しますので、次回以降の残高確認の際に確認いただけます。

今後も、すべてのお客様に残高確認の結果をご確認いただけるようご案内いたします。また、この新しいツールで問題が発生した場合は、24時間365日体制のサポートチームにご連絡いただき、ご意見をお聞かせください。

Proof of Reservesに関する詳細等については、是非クラーケンのウェブサイトをご覧になってください。

 

引き続きクラーケン・ジャパンをよろしくお願いいたします。

twitter logotwitter logo


【暗号資産・暗号資産のお取引に関する重要事項】

  • 暗号資産は本邦通貨又は外国通貨と異なります。
  • 暗号資産の価格は変動するため、損失が生じる場合があります。
  • 秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、価値が失われます。
  • 暗号資産は、移転記録の仕組みの破綻等により、価値が失われる場合があります。
  • 暗号資産は対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り対価の弁済のために使用することができます。
  • 暗号資産に関する取引を開始する場合や継続して行う場合には、「契約締結前交付書面」等をご確認いただき、取引の仕組みやリスクについて十分にご理解いただき、自己の責任においてお取引いただくようお願いいたします。