仮想通貨取引の需要急増を受けたシステムのアップグレードについて

(English follows below)

1月29日、クラーケンに対して、当社の予測をはるかに上回る暗号資産(仮想通貨)取引の需要がありました。

今年1月の取引高は560億ドルに達し、2019年の1年間を通して取引されたすべての取引高を上回りました。サインアップの件数も、今週末だけで1,000%以上増加しました。

予想をはるかに上回る需要の増加は、残念なことに、クラーケンシステムの断続的なダウンタイムを引き起こし、当社のWeb UI、REST API、そして時にはモバイルアプリやWebsocketで問題が連鎖的に発生しました。

クラーケンのエンジニアリングチームは、キャパシティの拡大やパフォーマンスの強化などサービスの大規模な改善を進めています。

クラーケンがもっとも重視しているのはセキュリティであり、通常はシステム内で起きていることを公開することはありません。しかし、今回は何が起きたのか、将来的な予防策をどのように考えているのかをお客様に説明することで、透明性を担保することが重要だと考えています。

パフォーマンスのアップグレード

新しいハードウェアの導入、容量の拡大、システムとデータベースの改善、そしてウェブサイトと新規顧客のためのサインアッププロセスをの最適化を進めました。

具体的には、以下の通りとなっています。

  • フロントエンドのノードを30%増加させ、古いノードを3倍の性能を持つ新しいハードウェアに置き換えました。
  • ウェブサイト(Kraken.com)を最適化し、新規顧客のサインアッププロセスを改善しました。 
  • データベース、セッション管理、APIコール用に最適化されたコンポーネントを導入しました。 
  • 将来のスパイクの早期発見を支援するための遠隔測定の新しいポイントを追加しました。
  • 新しいサービス・アップグレードを導入し、最も使用頻度の高い一部のサービスの待ち時間を数秒から25ミリ秒(1000分の1秒)へと大幅に短縮しました。
  • 新規顧客の獲得に不可欠な書類の処理・確認に関わるシステムやサービスのキャパシティを大幅に拡大しました。
  • クライアントと協力してアカウントアクティビティを確認する際のバックエンドサポートシステムのパフォーマンスをアップグレードしました。
  • バックエンドの負荷を軽減するためにUIコンポーネントをリワークしました。

今回、これらの改善策を短期間のうちに実施しました。今後も新たな需要に応えるために、パフォーマンスと安定性を向上させるための変更を継続的に実施しています。

クラーケンでは、セキュリティと全体的なクライアントエクスペリエンスを第一に考えています。需要が再び急増した際にシステムが対応できるように今後とも努力を続けて参ります。

・Twitter始めました!フォローお願いします。
・クラーケン・ジャパンでの口座開設はこちら。

On January 29, there was unprecedented demand for Kraken services that far exceeded our surge prediction modeling.

For context, $56 billion was traded on our platform in January of this year – more than all the volume transacted for the full year of 2019. This past weekend alone, we saw a 1,000%+ increase in signups.

Unfortunately, all of this activity caused intermittent downtime and cascading issues with both the front-end and back-end systems that facilitate client experiences across our Web UI, REST API, and at times, our mobile apps and Websockets.

The Kraken Engineering team rallied to coordinate a massive improvement to our services. This included expanding capacity in all possible places and rolling out performance enhancements that had been in beta.

While we don’t typically expose what happens behind the scenes at Kraken because of our focus on security, we feel it is important to provide transparency by explaining to our clients what happened and what we’re doing to prevent this in the future.

Performance Upgrades

We put in place new hardware and expanded capacity, deployed improvements to our systems and databases and further optimized our website and the sign-up process for new clients.

For our more technical clients, here are the specifics:

  • Increased front-end nodes by 30% and replaced older nodes with brand-new hardware that is 3x more performant
  • Optimized Kraken.com to improve the sign-up process for new clients
  • Deployed optimized components for databases, session management and API calls
  • Added new points of telemetry to aid in earlier detections of future spikes
  • Deployed new service upgrades that greatly reduced latency on some of our most heavily used services from several seconds to 25 milliseconds
  • Massively increased capacity to the systems and services involved in processing and verifying documents essential for new client sign-ups
  • Upgraded the performance of our back-end support systems when working with clients to review account activity
  • Reworked UI components to reduce backend load.

While all of this took place over a short period of time, we aren’t pausing on the improvements. We are continuing to implement changes to push the performance and stability to meet this new demand.

Security and overall client experience is top of mind at Kraken and we are committed to ensuring our systems will be ready for it when demand surges again.

We hope you will enjoy these improvements,

– The Kraken Team

Follow our Twitter account and get the latest info!