過去1ヵ月の仮想通貨マーケット NFTへの熱狂が鮮明に

昨日のビットコインは時価総額上位25のアルトコインよりパフォーマンスが若干高いが、過去7日間と過去30日間で見るとほぼ同じリターンを得ている。過去7日間でビットコインとアルトコインのリターンはそれぞれプラス4%とプラス5%で、過去1ヵ月ではそれぞれプラス21%とプラス20%となっている。

仮想通貨 過去1ヵ月のパフォーマンス

仮想通貨のエコシスシステムで唯一勢いが衰えていないのがNFT(ノン・ファンジブル・トークン)だ。

NFT関連のトークンは過去1ヵ月で425%近く上昇。NFTが描く未来を過剰なまでに楽観視するムードが漂う中、アーティストやミュージシャン、セレブ、開発者たちがこぞってNFTをビジネスにつなげようと動いている。

しかし、現在の勢いには警戒するべきだろう。イノベーションにはしばしば1回以上の好況と不況の循環サイクルがあるという現実に直面すれば、NFTへの熱狂が冷める可能性がある。ちょうど昨年にDeFi(分散型金融)が「DeFiの夏」というひと夏の熱狂を経験したのは記憶に新しい。

今後数週間はNFTの行末を見る上で大事な期間になるだろう。

DeFiの夏が終わって熱狂が過ぎ去った後、新たな機会が生まれた。NFTの場合も、熱狂後の好機を見極める必要があるかもしれない。

いかがでしたか?

クラーケン・ジャパンでは、コンテンツ配信を強化していきます。ご要望等ありましたらjapanpress@kraken.comまでご連絡ください。

Twitter始めました!フォローお願いします。