ビットコイン最高値更新で「世界の通貨トップ10」入り 今後の見通しは? 【仮想通貨相場分析 by クラーケン・インテリジェンス】

米仮想通貨取引所コインベースのナスダック上場を目前に控えて、4月14日、ビットコインは過去最高値を更新した。時価総額は1兆2000億ドルを突破し、マネーストックを測るM1で見るとビットコインはオーストラリアとカナダを抜いてトップ10に入った。

最近のビットコインはNFTやアルトコイン勢に押されて影が薄くなっていたが、足元の地合は悪くなかった。

先月、ゴールドマンサックスが仮想通貨トレーディングデスクを再開するという報道があったほか、JPモルガンが仮想通貨関連企業に投資するファンドの組成を検討、モルガン・スタンレーが富裕層を対象にしたビットコイン商品の提供に向けて動き出した。また、VisaがステーブルコインUSDCを決済に利用する計画を明かし、ペイパルが仮想通貨を使って買い物ができる新機能を発表した。

米国証券取引委員会(SEC)へのビットコインETF申請ラッシも続いている。現在、フィデリティなど8つのビットコインETFがSECに申請されている。市場関係者大注目のビットコインETFは、早ければゴールデンウィーク、遅くても年末までに可否判断が下される。

一方、大手企業による参入やビットコインETFへの機運が高まる一方、ビットコインの需給バランスの逼迫が見られていた。

世界の仮想通貨取引所が保有するビットコインは減少を続けており、先週には3年ぶりの低水準である12.54%をつけた。

(出典:Kraken Intelligence「ビットコイン価格と取引所のビットコイン保有量」)

新たなプレイヤーが仮想通貨市場に参戦してビットコインを購入。しばらくは法定通貨に戻す予定がないため取引所からビットコインを出してコールド(オフラインの)ストレージに保管するーーー。この流れが続けば、ビットコインの売り圧力がなくなり、供給が需要に追い付かなくなる可能性があった。

ビットコインのテクニカル分析
またテクニカル面でビットコインの価格を見てみると、約6週間、対称三角形の中での推移が続いていたが過去24時間でブレイクアウトした。
今回のブレイクアウトは、ビットコインのボラティリティ(年率換算)が19週間ぶりの低さをつけたタイミングとボリンジャーバンドの幅が2020年10月以降で最も狭くなったタイミングとも一致していた。ビットコインが過去最高値を更新し、依然としてボラティリティが低い水準にある中、強気にならない方が難しいと言える。
今後のビットコインだが、1月、2月、3月にビットコインのレジスタンスとなった地点をトレンドラインとしてたどれば約8万ドルが見えてくることになる。
※本原稿は、Kraken IntelligenceのOTC Dailyの一部を翻訳・編集したものです。

Twitter始めました!フォローお願いします。

【ご注意事項】

  • 本資料は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本資料は、本資料作成時点でKrakenグループ及びPayward Asia株式会社(以下合わせて「Kraken 」といいます)が信頼できると判断した情報を基に作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
  • 本資料の情報によって生じたいかなる損害についても、Krakenは一切の責任を負いません。
  • Krakenが、これらの暗号資産の価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
  • Kraken Japan(Payward Asia株式会社)では、BTC、ETH、XPR、LTC及びBCH以外の暗号資産の本邦における取扱いはございません。