コインベース上場でビットコイン相場に新たな変数?【仮想通貨相場分析 by クラーケン・インテリジェンス】

昨日はコインベースにとってだけでなく仮想通貨業界全体にとって重要な日となった。

コインベースのダイレクトリスティング(直接上場)は様々な面で業界に恩恵をもたらすだろうが、特筆すべきは、伝統的な投資家がビットコインに投資するための新たな手段を獲得したということだろう。テスラやマイクロストラテジーなどビットコインを保有する非仮想通貨企業の株式と比較して、コインベースの株式「COIN」はより直接的でより純粋な仮想通貨への投資を意味する。

また、コインベースが定期的に決算を発表することで、世界中の人々が仮想通貨業界の動向を詳しく知ることができるようになる。懐疑論者も、月ごと、年ごとの価格変化だけを頼りに持論を展開しないですむようになるだろう。

COINの登場で仮想通貨市場にも新たなダイナミズムが生まれるかもしれない。

もし市場参加者がビットコインを保有する代わりにCOINを買い始めたら、どうなるだろうか?例えばもし昨日過去最高値を更新したナスダック市場全体が下落し始めたら、仮想通貨にはどんな影響があるだろうか?仮想通貨も連れ安になるかどうか確かめる必要がある。

一方、「COIN売りビットコイン買い」という流れができる可能性もあるだろう。結局のところ、株式市場全体やハイテク株に構造的なリスクがある一方でビットコインの入手が可能な時、ビットコインではなくCOINを保有する必要がなぜあるのか、問われることになるだろう。

(出典:Kraken Intelligence’s OTC Daily「1分足チャート ナスダック(右のY軸)、ビットコイン(右のY軸)とCOIN(左のY軸)」)

COINの取引が始まった直後、ビットコインが下がってCOINも下落したように見える。COINの下げがナスダック全体にも波及し、COIN取引開始から取引時間終了までナスダックは最大0.6%のマイナスとなった。

今後とも、ビットコインとCOIN、そしてナスダック全体の関係には注目だ。

※本原稿は、Kraken IntelligenceのOTC Dailyの一部を翻訳・編集したものです。

Twitter始めました!フォローお願いします。

【ご注意事項】

  • 本資料は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本資料は、本資料作成時点でKrakenグループ及びPayward Asia株式会社(以下合わせて「Kraken 」といいます)が信頼できると判断した情報を基に作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
  • 本資料の情報によって生じたいかなる損害についても、Krakenは一切の責任を負いません。
  • Krakenが、これらの暗号資産の価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
  • Kraken Japan(Payward Asia株式会社)では、BTC、ETH、XPR、LTC及びBCH以外の暗号資産の本邦における取扱いはございません。