仮想通貨の時価総額 密かに過去最高更新 3兆ドルの大台も?【仮想通貨相場分析 by クラーケン・インテリジェンス】

あまり話題になっていないが、実は5月6日(UTC時間)に仮想通貨市場全体の時価総額が過去最高を更新した。時価総額は2兆5000億ドルに迫り、4月23日につけた直近の底値である1兆6000億ドルからほぼ1兆ドルを積み上げた。ここがとりあえずの天井なのか、まだ上昇余地があるのか、見極める必要があるだろう。

仮想通貨市場全体の時価総額の1日ごとの推移を見ると、昨年11月以降、調整を繰り返しながらもトレンドは右肩上がりを継続している。
(出典:Kraken Intelligence’s OTC Daily「仮想通貨市場全体の時価総額(1日)」)

1月初頭、仮想通貨全体の時価総額は当時過去最高の1兆1500億ドルをつけた後、8000億ドル付近まで下落。下落幅は28%だった。その後58%上昇して1兆8000億ドルに最高値を更新した後、再び28%下落。時価総額は1兆3000億ドルまで下がった。その後、上昇相場が再開して、4月16日に以前の最高値の1兆8000億ドルから28%プラスとなる2兆3000億ドルを記録。そして、例の如く28%下落して反発した。問題は、今回はどこまで上昇するか?だ。

このトレンドが今後も継続する確証はないが、思考実験をしてみよう。前回と前々回の上昇幅である58%と28%の中間である43%を取り、前回の最高値である2兆3000億ドルから43%上昇する場合を計算し見ると、次の新たな高値(higher-high)3兆3000億ドルになる。
少し野心的すぎるだろうか?そうかもしれない。不可能であろうか?そうとは言い切れないだろう。
※本原稿は、Kraken IntelligenceのOTC Dailyの一部を翻訳・編集したものです。
※クラーケンOTCデスクでの取引に興味がある方は、otc@kraken.com にご連絡ください。

[NEW!] LINE始めました!フォローをお願いします。
Twitter始めました!フォローお願いします。

【ご注意事項】

  • 本資料は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本資料は、本資料作成時点でKrakenグループ及びPayward Asia株式会社(以下合わせて「Kraken 」といいます)が信頼できると判断した情報を基に作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
  • 本資料の情報によって生じたいかなる損害についても、Krakenは一切の責任を負いません。
  • Krakenが、これらの暗号資産の価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
  • Kraken Japan(Payward Asia株式会社)では、BTC、ETH、XPR、LTC及びBCH以外の暗号資産の本邦における取扱いはございません。