NFT投資マネーに新たな勢い【クラーケン・インテリジェンス】

今年5月の仮想通貨市場はコロナショックのあった2020年3月以降で最悪のパフォーマンスを記録したが、6月は幸先の良いスタートを切っている。今月はすでに6%上昇している。ただ、取引高が少ない展開が続いており、市場参加者が新たなトレンドを探したり5月に起きたことを消化しようとしている様子が伺える。

(出典:Kraken Intelligence’s OTC Daily 「6月3日(UTC時間)の仮想通貨市場」)
6月3日(UTC時間)の取引高は2150億ドル。5月30日に記録した今年最低額の1890億ドルとあまり変わらない水準で、20日間単純移動平均の3390億ドルを大幅に下回った。
またボラティリティは、13ヵ月ぶりの高値である150%と相変わらず高い状態が続いている。第2四半期が終わり夏にかけて、取引高とボラティリティも通常モードに戻るはずではあるのだが・・・。
今月最もパフォーマンスが良いセクターは、面白いことに、NFT(ノン・ファンジブル・トークン)だった。今月は11%上昇し、過去30日間では30%のプラスだった。ちなみに4月と5月はNFTのセクターが一番パフォーマンスが悪かった。
今年2、3月に見られたNFTブームとNFTに対する過度な広告が一旦収束した後で、新たな需要に期待する投資マネーが健在ということだろう。
以下は、5月の主なNFT関連のニュースだ。
  • AP通信が、175周年を記念してピューリッツァー賞を受賞した歴史的な報道写真をNFTのオークションを開催。
  • ファイルコイン(FIL)が、NFTを安全に保管するための分散型ストレージサービスを立ち上げ。
  • 米総合格闘技団体UFCがチリーズ上でファントークンを発行すると発表。
  • 世界最大級のマーケットプレイスであるイーベイ(eBay)がNFTの販売を開始。
  • 香港拠点のNFTゲーム開発企業アニモカ・ブランズが、8800万ドルの資金調達を行い企業価値10億ドルを達成。
  • NBAやNFL、MLBに続いて、メジャーリーグ サッカー(MLS)がサッカーの試合関連のアートを発行。
  • 米ビデオゲーム販売大手ゲームストップが、イーサリアムを基盤にしたノン・ファンジブル・トークン(NFT)のプラットフォーム構築計画を発表。

 

※本原稿は、Kraken IntelligenceのOTC Dailyの一部を翻訳・編集したものです。
※クラーケンOTCデスクでの取引に興味がある方は、otc@kraken.com にご連絡ください。

[NEW!] LINE始めました!フォローをお願いします。
Twitter始めました!フォローお願いします。

【ご注意事項】

  • 本資料は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本資料は、本資料作成時点でKrakenグループ及びPayward Asia株式会社(以下合わせて「Kraken 」といいます)が信頼できると判断した情報を基に作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
  • 本資料の情報によって生じたいかなる損害についても、Krakenは一切の責任を負いません。
  • Krakenが、これらの暗号資産の価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
  • Kraken Japan(Payward Asia株式会社)では、BTC、ETH、XPR、LTC及びBCH以外の暗号資産の本邦における取扱いはございません。