ビットコイン急反騰  ”The B Word “超大物3人が猛プッシュ【クラーケン・インテリジェンス】

 モメンタムが戻ってきた。 昨日は取引高が少なく方向感のない相場についてお伝えしたが、7月21日(UTC時間)の仮想通貨市場全体の取引高は、6月23日以降で初めて20日移動平均線を突破。2週間ぶりの高水準となる1180億ドルを記録した。 ビットコインは3万ドルで反発。過去2ヵ月近くで3万ドルで反発するのは3回目であり、3万ドルが現時点で強固なサポートなっている。 何が反発の材料になったのだろうか?

ビットコイン、2ヵ月ぶりの強気サイン点灯【クラーケン・インテリジェンス】

クラーケン・インテリジェンスは、毎週、10個のチャートを更新して歴史的なビットコイン相場の天井もしくは底と、現在価格との距離を定点観測している。今回の注目は「ビットコインのSOPR」。久しぶりに節目の1を突破したことは強気相場と考えられる。

好調NFTセクター ベトナム発ブロックチェーンゲームが牽引【クラーケン・インテリジェンス】

昨日のビットコインは、コロナから最初に回復したはずの中国の経済成長が予想を下回ったことを受けて下落した。また、米国でインフレ率が上昇する中、金融引き締めに向けて世界の中央銀行が予想より早く利上げに向けて動くのではないかという懸念も影を落とした。

ビットコイン、8月までに大きな値動きも【クラーケン・インテリジェンス】

ここ1、2週間が仮想通貨市場にとって苦しい時期であったことは間違いがない。過去最高値からの50%マイナスだけでは許してくれないかのように、長引くレンジ相場が多くの投資家の忍耐力を試している。過去1週間、ほぼNFT銘柄だけが気を吐く展開だった。 夏の小康状態はいつまで続くのだろうか?

ビットコイン かつてないほど”売られすぎ”の水準を記録 【クラーケン・インテリジェンス】

クラーケン・インテリジェンスは、毎週、10個のチャートを更新して歴史的なビットコイン相場の天井もしくは底と現在価格との距離を定点観測している。 ストック・フロー分析によると、ビットコインはかつてないほど「売られすぎ」の水準にある。