ビットコインETF 「現物」の方は?【クラーケン】

米国初のビットコイン先物ETFの初日取引を受けて、ビットコインは米ドル建ての過去最高値更新に向けて推移している。 米資産運用会社ProSharesが申請したビットコイン先物ETFは、10月19日にニューヨーク証券取引所のArcaに上場。初日の取引高は10億ドルを突破し、ETF史上でも過去最高レベルの滑り出しとなった。

ビットコイン やっぱり2013年強気相場に似てる?【クラーケン・インテリジェンス】

ブロックチェーン上の取引データを分析して仮想通貨トレードに活かす手法は「オンチェーン分析」と呼ばれる。クラーケン・インテリジェンスは、毎週、10個のオンチェーン関連チャートを更新してビットコインの歴史における相場の天井もしくは底と現在価格との距離を定点観測している。 今週の注目は「ホドル・ウェーブ」。4ヵ月連続で横ばいで推移している。2013年の強気相場で見られたトレンドと似ており、ビットコインのさらなる上昇が近い将来に見られる可能性を示唆している。

ビットコインマイニング 米国が世界一シェア獲得 環境問題で追い風か【クラーケン・ジャパン】

米国が、ビットコインのマイニングに必要な計算力を示すハッシュレートの国別シェアで、中国を抜いて世界一になった。ケンブリッジ大学(Centre for Alternative Finance)が最新のデータを公表したことから明らかになった。今年5月より中国のマイニング産業に対する規制が強化された結果、マイナーが中国から米国などに移動したという報道やSNSの投稿が相次いでいたためサプライズではないが、今回、この流れを正式に裏付ける形となった。

イーサリアム、6000ドル台が視野に?【クラーケン・インテリジェンス】

ブロックチェーン上の取引データを分析して仮想通貨トレードに活かす手法は「オンチェーン分析」と呼ばれる。クラーケン・インテリジェンスは、毎週、10個のオンチェーン関連チャートを更新してビットコインの歴史における相場の天井もしくは底と現在価格との距離を定点観測している。 今日の注目は、イーサリアム対数回帰レインボー。レジスタンスとなっていたBand5(3417)を突破し、Band6(6360ドル)を狙える水準で推移している。

ビットコインはキャズムを超えた?高まるアニマルスピリッツ【クラーケン・インテリジェンス】

ビットコインは4日続伸して一時5万5000ドルをつけた後、小休止モードに入った。仮想通貨投資家が代わりにマネーを投下したのはアルトコインだ。10月6日(UTC時間)にビットコインのドミナンス(時価総額全体に占める割合)が2ヵ月近くぶりに45%をつけた後、1.3%ポイント下がっている。

背景は?ビットコイン時価総額1兆ドル回復【クラーケン・インテリジェンス】

ビットコインは5月12日以降で初めて5万5000ドルを突破し、時価総額が1兆ドルを回復した。中国による仮想通貨取引サービスの全面禁止などネガティブなヘッドラインに悩まされてきたビットコインだが、調整局面が続く中でも長期保有者や「クジラ」と言われる大口投資家による「蓄積」は続いていた。

ビットコイン 6万ドルへの条件【クラーケン・インテリジェンス】

ほぼ1ヵ月ぶりにビットコインは5万ドルを回復した。ビットコインが主導する形で仮想通貨市場全体は過去24時間で3.5%上昇。3日続伸となった。 ビットコインが軽く5万ドルを越えたことで、10月に対する市場参加者の期待が高まっているようだ。過去最悪のパフォーマンスで悪名高い9月が終わった今、「Uptober」とも言われる10月、そして年末ラリーが期待できる第4四半期に突入した。歴史的に第4四半期は平均で120%近いプラスを記録している。

ビットコイン 10月に入ってすぐ軌道修正 再び理想の形に【クラーケン・インテリジェンス】

ブロックチェーン上の取引データを分析して仮想通貨トレードに活かす手法は「オンチェーン分析」と呼ばれる。クラーケン・インテリジェンスは、毎週、10個のオンチェーン関連チャートを更新してビットコインの歴史における相場の天井もしくは底と現在価格との距離を定点観測している。 注目の「ビットコイン強気相場 週間サポート」で動きがあった。9月に重要サポートを下回ったものの、10月に入って再び上回ることに成功。かつてのレジスタンスをサポートに変えるという理想の展開となっている。