ビットコイン 2017年バブル後よりも「売られすぎ」【仮想通貨相場分析 by クラーケン・インテリジェンス】

クラーケン・インテリジェンスは、毎週、9個のチャートを更新して歴史的な相場の天井と現在地の距離感を定点観測している。 ネガティブなヘッドラインが集中して急落したビットコイン相場だが、ビットコインの「ストック・フロー分析」によると、2017年/2018年のバブル後よりも売られ過ぎの水準にある。

仮想通貨の初心者必見!取引所と販売所の違い

  ビットコインなど暗号資産(仮想通貨)を入手する方法の一つは、日本で暗号資産交換業のライセンスを持つ取引所(仮想通貨取引所)で日本円を払って仮想通貨を購入することです。大口取引を頻繁に行わない一般的な投資家には、「取引所」と「販売所」という2つ購入方法があります。 しかし、日本では、両者の違いがあまり理解されていないのが現状のようです。また日本の仮想通貨取引所全てが「取引所」と「販売所」サービスを提供しているわけではありません。このため、仮想通貨投資の初心者が両者の違いを認識せずに仮想通貨を購入したというケースをよく耳にします。

取引高が20日ぶり低水準 4月相場の意外な勝者は…? 【仮想通貨相場分析 by クラーケン・インテリジェンス】

仮想通貨相場は4日連続でプラスとはならなかった。4月29日(UTC)時間の仮想通貨相場は全体で約1%のマイナス。取引高も20日ぶりの低水準となる2440億ドルまで下がり、取引高の20日移動平均である3620億ドルを下回った。

ビットコインに需給アンバランス?嵐の前の静けさか 【クラーケン・インテリジェンス 仮想通貨相場分析】

ビットコインと主要アルトコインは反発し、昨日のマイナス分をほぼ全て取り戻した。とりわけブームがひと段落していたNFT関連が10%以上の上昇。また、XRPを未登録の証券として販売したとしてSECから訴訟を受けているリップルが、プライベートなEメールのやりとりを一部非公開にすることでSECと合意したことなどを好感して、XRPは10%以上も上昇。過去1週間では77%のプラスを記録した。