NFT(ノン・ファンジブル・トークン)とは?

NFT(ノン・ファンジブル・トークン)とは、仮想通貨(暗号資産)と同じように仲介業者を使わずにインターネット上で売買・交換が可能な暗号技術を基盤にしたトークンを指す。他の仮想通貨と同じように偽造不可能で取引履歴の追跡が容易であるなどブロックチェーンならではの特徴がある一方、固有の価値を持つ点が異なる。NFTの場合、世の中に同じ価値をもたらすものは二つと無い。

ビットコイン、ボラティリティ急上昇に警戒 過去最大のオプション満期で【仮想通貨マーケット分析 by クラーケン・インテリジェンス】

依然として熱狂が続くNFTと時価総額トップ10の仲間入りをしたTHETAを例外として、ビットコインをはじめほとんどの仮想通貨のパフォーマンスが冴えない日々が続いている。史上3番目に良い第1四半期にも黄信号が灯り始めた。

ビットコイン相場の天井は近い・・・? 【仮想通貨相場分析 by クラーケン・インテリジェンス】

今回の強気相場はいつまで続くのか?クラーケン・インテリジェンスが、「ビットコインPi指数」、「ホドル・ウェーブ」、「ストック・フロー分析」、「グーグルトレンドスコア」という4つのチャートからマーケットのサイクルを分析する。今回は、「ビットコインPi指数」と「ホドル・ウェーブ」で動きがあった。

過去1ヵ月の仮想通貨マーケット NFTへの熱狂が鮮明に

昨日のビットコインは時価総額上位25のアルトコインよりパフォーマンスが若干高いが、過去7日間と過去30日間で見るとほぼ同じリターンを得ている。過去7日間でビットコインとアルトコインのリターンはそれぞれプラス4%とプラス5%で、過去1ヵ月ではそれぞれプラス21%とプラス20%となっている。

bitcoin

史上3番目に良い四半期へ 3/18 仮想通貨マーケット分析【クラーケン・ジャパン】

週明けの調整の後、ビットコインは2日続伸している。ビットコインを含め多くの仮想通貨は方向感のない展開が続きそうだ。激しく動いた過去2、3ヵ月の後となっては、歴史的にボラティリティがなくなり±2、3%の範囲で推移しても驚くことではないだろう。

ビットコイン調整も「クジラ」は着々と蓄積 【仮想通貨マーケット分析byクラーケン・インテリジェンス】

過去2、3日間は、ビットコインをはじめ仮想通貨相場にとって忍耐の時だった。6万ドルを突破した後、ビットコインは最大15%下落した。 突然の下落の背景には何があったのだろうか?テクニカル的な側面が一因としてあげられるが、「クジラが投げ売りしている」というFUD(悪い噂を流して不安感を煽ること、直訳は恐怖、不安、疑念)が大きかったとみられる。