ビットコイン 強気相場再開に確信?重要サポート2つを2週連続で上回る【クラーケン・インテリジェンス】

ブロックチェーン上の取引データを分析して仮想通貨トレードに活かす手法は「オンチェーン分析」と呼ばれる。クラーケン・インテリジェンスは、毎週、10個のオンチェーン関連チャートを更新してビットコインの歴史における相場の天井もしくは底と現在価格との距離を定点観測している。

「イーサリアムキラー」ソラナの夏【クラーケン・インテリジェンス】

ビットコインは17日午前11時(UTC時間)で4万7200ドル付近をつけた後、下落に転じた。これに連動する形でほとんどの主要アルトコイン銘柄が急落。ビットコインのドミナンス(仮想通貨時価総額全体に占める割合)は9週間ぶりの低水準である43.67%で推移していたが、昨日は1%ポイント上昇した。

いつもと違う?パウエル発言にビットコイン好反応【クラーケン・インテリジェンス】

ビットコインはUTC時間で8日続伸を達成した。アルトコインのパフォーマンスを上回り、市場全体を牽引している。今後は4万ドルのレジスタンスをサポートに変えて、さらなる上昇に向けた基盤を作れるかどうかが注目だ。 28日(UCT時間)には、サプライズがあった。 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長の発言に対してビットコインがポジティブに反応したのだ。

「アマゾンの噂」は関係ない?ビットコイン投資家心理 どっちにしろ改善【クラーケン・インテリジェンス

ビットコインは7日続伸した。3万ドルから最大4万ドルへの上昇もあり、仮想通貨市場全体は過去1週間で23%のプラスとなった。 投資家心理も改善した。 仮想通貨の恐怖&強欲指数は、「極端な恐怖」から「恐怖」に改善し、6週間ぶりの高水準を記録した。

イーサリアム 3100ドル再挑戦か サポート成功で【クラーケン・インテリジェンス】

クラーケン・インテリジェンスは、毎週、10個のチャートを更新して歴史的なビットコイン相場の天井もしくは底と、現在価格との距離を定点観測している。 今回の注目は、「イーサリアム対数回帰レインボー」と「ビットコイン強気相場 週間サポート」。イーサリアム対数回帰レインボーは、イーサリアムが近い将来に3100ドルに向けて上昇する可能性を示唆している。 一方、「ビットコイン強気相場 週間サポート」によると、ビットコインは2つのサポートラインのうち下の方を突破しそうだ。2つとも上回れば、ビットコインが強気相場に戻る可能性が出てくる。