ビットコインVSイーサリアム

仮想通貨投資を始めたことがある人なら、ビットコインとイーサリアムを聞いたことがあると思います。それぞれ時価総額1位と2位の仮想通貨で業界をリードする存在ですが、両者は全く性質が異なります。ビットコインとイーサリアムは何が違うのでしょうか?この解説ページで説明したいと思います。

仮想通貨の時価総額 密かに過去最高更新 3兆ドルの大台も?【仮想通貨相場分析 by クラーケン・インテリジェンス】

あまり話題になっていないが、実は5月6日(UTC時間)に仮想通貨市場全体の時価総額が過去最高を更新した。時価総額は2兆5000億ドルに迫り、4月23日につけた直近の底値である1兆6000億ドルからほぼ1兆ドルを積み上げた。ここがとりあえずの天井なのか、まだ上昇余地があるのか、見極める必要があるだろう。

今回のビットコイン反発が本質的な意味を持っている訳 【仮想通貨相場分析 by クラーケン・インテリジェンス】

仮想通貨市場は昨日に6%下落という2月23日以降で最悪のパフォーマンスを見せた後、9%反発して損失分をすぐに取り戻した。5日(UTC時間)の主要仮想通貨25種の平均リターンは13.2%、リターンの中央値は7.3%だった。

ビットコイン、予想調整幅さらに狭く【仮想通貨定点観測 by クラーケン・インテリジェンス】

ビットコイン強気サイクルの天井はどこか?クラーケン・インテリジェンスは、毎週、7つのチャートを更新して歴史的な相場の天井と現在地の距離感を定点観測している。 今回注目のチャートは、「ビットコイン強気相場 週間サポート」。予想される調整幅が2月と3月より狭くなってきており、上昇相場再開に向けてサポートが着実に形成されつつあるかもしれない。

ビットコイン、さらなる反発余地? 【仮想通貨相場分析 by クラーケン・インテリジェンス】

過去5日間でビットコイン(BTC)は最大で15%ほどマイナスとなったが、過去48時間で10%以上も回復した。反発のきっかけは、14日RSI(相対力指数)がコロナショックのあった2020年3月以来で初めて「売られすぎ」の局面にさしかかったことだろう。