仮想通貨取引所のビットコイン保有量 減少止まらず 強気サイン?【仮想通貨マーケット分析 by クラーケン・インテリジェンス 】

仮想通貨市場への新規参入者も既存プレイヤーも、ここ1年ほど、ビットコインが急騰する中であっても仮想通貨取引所の外でビットコインを保管する傾向がある。 下記のグラフの通り、コロナショックによる暴落があった2020年3月13日以降、取引所が持つビットコイン供給量は減少の一途を辿っている。昨年3月に取引所の供給量は歴史的にも高水準である16.7%に到達し、現在は3年ぶりの低水準である13%付近まで下がった。

ステーブルコイン供給量は増加トレンド ビットコインへの影響は?【仮想通貨マーケット分析 by クラーケン・インテリジェンス 】

過去数週間、ビットコインをはじめ仮想通貨市場は小休止をしているようですが、ステーブルコインの供給量が急増しています。ステーブルコイン全体の時価総額は、1年間で57億ドルから525億ドルまで増え、全体の供給量の最大48%にあたる280億ドル分が新たに発行されました。

ビットコイン1年以上ガチホ勢は減少傾向【仮想通貨マーケット分析 by クラーケン・インテリジェンス 】

ビットコインは5万ドルの大台を突破して2月22日以来となる5万5000ドル回復に迫っています。 本日は、クラーケン・インテリジェンスによる3つのチャート分析を参照して、ビットコインの動向を分析したいと思います。

仮想通貨マーケット特集  最終章:「悪いマーケット」の見つけ方

これまで仮想通貨マーケット特集では、仮想通貨市場の構造をより良く理解するために不可欠な概念について学んできました。マーケットの定義にはじまり、取引板の構造、そして様々な種類の注文について解説しました。また仮想通貨業界の報道に見られる一般的な誤解も紹介しました。今回の最終章では、「悪いマーケット」の見つけ方を通じて、仮想通貨市場と関連業界のニュースの質を見極めるための知識を身に付けていただきます。