取引ルール

取引方式 取引所取引(板取引・オーダーブック)

取引所取引では、買う場合には最も高い価格、売る場合は最も低い価格が優先されます。
同じ価格の場合には、注文を発注した時間が優先されます。
このルールに従い買注文と売注文の価格が合致した場合に売買が成立します。

※ 当社がマーケットメイクを目的として注文を発注することはありません。
※ サーキットブレーカー及びストップ高、ストップ安による取引停止機能はございません。
※システム上生じる発注と約定との時間差等を原因として、
スリッページ(お客様の注文時に表示されている価格又はお客様が注文時に指定した
価格と約定価格との相違をいいます。)が発生する結果、お客様に不利な約定価格で取引が成立する場合がございます。

前受制度 お取引は、当該アカウント内のJPY又は対象暗号資産の数量の範囲内でご注文をお受けいたします。
取扱通貨ペア XBT・ETH・BCH・XRP・LTC / JPY
ETH・BCH・XRP・LTC / XBT
取引可能時間 24時間 / 365日
但し、当社によるメンテナンスは含まず
注文受付時間 24時間 / 365日
但し、当社によるメンテナンスは含まず
営業時間 1営業日は午前9:00から翌午前8:59となります。
取引制限 / 日 無制限
※ システム負荷が高まった場合、一部の発注機能を一時的に制限する場合がございます。
※ システム負荷がさらに高まった場合、上記制限に加え、最小注文数量を一時的に変更する場合がございます。
注文の種類 成行・指値・ストップリミット・逆指値・損失確定・利益確定・ダークプール
注文の期限 発注時に当該注文に対する期間を指定していただけます。
※但し、お客様による指定が行われない場合、デフォルトの無期限が適用されます。

成行注文:売買を行うときに、値段を指定せずに発注する方法

指値注文:希望する売買価格(買いの場合は上限価格、売りの場合は下限価格)を指定して発注する方法

ストップ・リミット:トリガー価格に到達すると「指値注文」が発注する方法。ただし、値動きの状況によっては約定しないケースがあります。

逆指値:対象通貨がお客様の指示した一定の価格条件に到達した時に直ちに発注する旨の条件が付された注文

ストップ注文:トリガー価格以上になったら買い、トリガー価格以下になったら売りという条件付きの成行注文の執行条件です。

ダークプール:お客様の発注が取引板に掲載されすにKrakenシステムでお客様の売買注文を付け合わせて取引を行う方法。