仮想通貨取引所のビットコイン保有量 減少止まらず 強気サイン?【仮想通貨マーケット分析 by クラーケン・インテリジェンス 】

仮想通貨市場への新規参入者も既存プレイヤーも、ここ1年ほど、ビットコインが急騰する中であっても仮想通貨取引所の外でビットコインを保管する傾向がある。 下記のグラフの通り、コロナショックによる暴落があった2020年3月13日以降、取引所が持つビットコイン供給量は減少の一途を辿っている。昨年3月に取引所の供給量は歴史的にも高水準である16.7%に到達し、現在は3年ぶりの低水準である13%付近まで下がった。

“得るは捨つるにあり” マーケット構造分析 【クラーケン・インテリジェンス】

今日の個人投資家は、かつてないほど多くの投資情報とツールを手に入れている。 しかし、無料のチャートツールや手数料無料のトレードが多くの投資家にとって励みになる一方で、金融市場における中間業者が取引執行面で影響力を持ち続けており、既得権益層に有利な構造は変わっていないようだ。