ビットコインVSイーサリアム

仮想通貨投資を始めたことがある人なら、ビットコインとイーサリアムを聞いたことがあると思います。それぞれ時価総額1位と2位の仮想通貨で業界をリードする存在ですが、両者は全く性質が異なります。ビットコインとイーサリアムは何が違うのでしょうか?この解説ページで説明したいと思います。

ビットコイン、5万6600ドル回復が焦点か 【仮想通貨相場分析 by クラーケン・インテリジェンス】

昨日、ビットコインは2020年10月8日以降で初めて長期的なサポートである50日単純移動平均線(SMA)を下回った。すぐに50日SMAを回復できなかった状況から、短期的には弱気派(Bear)が相場を支配することになりそうだ。

コインベース上場でビットコイン相場に新たな変数?【仮想通貨相場分析 by クラーケン・インテリジェンス】

昨日はコインベースにとってだけでなく仮想通貨業界全体にとって重要な日となった。 コインベースのダイレクトリスティング(直接上場)は様々な面で業界に恩恵をもたらすだろうが、特筆すべきは、伝統的な投資家がビットコインに投資するための新たな手段を獲得したということだろう。テスラやマイクロストラテジーなどビットコインを保有する非仮想通貨企業の株式と比較して、コインベースの株式「COIN」はより直接的でより純粋な仮想通貨への投資を意味する。

ビットコイン最高値更新で「世界の通貨トップ10」入り 今後の見通しは? 【仮想通貨相場分析 by クラーケン・インテリジェンス】

米仮想通貨取引所コインベースのナスダック上場を目前に控えて、4月14日、ビットコインは過去最高値を更新した。時価総額は1兆2000億ドルを突破し、マネーストックを測るM1で見ると、ビットコインはオーストラリアとカナダを抜いてトップ10に入った。

ビットコイン、史上4回目の「クロス」も 下げ幅限定的か 【クラーケン・インテリジェンス】

ビットコイン強気サイクルの天井はどこか?クラーケン・インテリジェンスは、毎週、6つのチャートを更新して歴史的な相場の天井と現在地の距離感を定点観測している。 今回は、複数のチャートで大きな動きがあった。「ビットコインPi」指数では歴史的にサイクルの天井を示す「クロス」が見られた。一方、「ビットコイン強気相場 週間サポート」によると、調整局面でも4万ドルを下回る可能性は低い。

ビットコイン強気相場 ”厳しい”調整の可能性は減る一方?

ビットコインは、歴史的に20週指数平滑移動平均線(EMA)と21週移動平均線(SMA)がサポートとして機能してきた。現在、それぞれ4万1326ドルと3万7394ドルに位置している。20週EMAと21週SMAは、毎週、平均してそれぞれ1822ドル、1681ドルずつ増える傾向がある。例えば、5月1日時点では20週EMAと21週SMAは、4万8702ドルと4万4165ドルに到達すると考えられる。