Site icon Kraken Blog

ビットコインとイーサリアム アクティブユーザー数で明暗

昨年末からビットコインとイーサリアムはレンジ相場となっているが、オンチェーン上の活動に関しては明暗が分かれ始めている。

[NEW!] LINE始めました!フォローをお願いします
Twitter始めました!フォローお願いします

イーサリアムの月間アクティブユーザー数は、3月に22.5%増加し882万人を記録した。月間アクティブアドレスは、過去30日間で送金など取引が行われたアドレスの総数だ。1月には720万人まで減少していただけに、イーサリアムの巻き返しが期待できる地合になってきているかもしれない。DeFiやNFT市場は小休止している印象があるが、受け皿となるブロックチェーンであるイーサリアムの活動は鈍っていないようだ。

(出典:Kraken Intelligence, Coin Metrics「イーサリアム/ドル(黒)と月間アクティブユーザー数(紫)」)

一方、ビットコインの月間アクティブユーザー数は足踏みをしている。

(出典:Kraken Intelligence, Coin Metrics「ビットコイン/ドル(黒)と月間アクティブユーザー数(水色)」)

3月にビットコインの月間アクティブユーザー数は2.1%減少し、1660万アドレスを記録した。直近のピークだった2021年11月と比べて9.5%マイナスだ。

ビットコインは大口投資家にも自信の揺らぎが見られ始めている。1000BTC以上を保有するいわゆるビットコインのクジラは、3月前半は増加したが、後半にかけて減少。2259アドレスで始まり2257アドレスで3月を終了し、前月比でほぼプラスマイナスゼロという結果に終わった。

ビットコインに対する需要が低下している懸念もあり、価格に悪影響を与える可能性もあるだろう。

[NEW!] LINE始めました!フォローをお願いします
Twitter始めました!フォローお願いします

【ご注意事項】

  • 本資料は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本資料は、本資料作成時点でKrakenグループ及びPayward Asia株式会社(以下合わせて「Kraken 」といいます)が信頼できると判断した情報を基に作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
  • 本資料の情報によって生じたいかなる損害についても、Krakenは一切の責任を負いません。
  • Krakenが、これらの暗号資産の価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
  • Kraken Japan(Payward Asia株式会社)では、BTC、ETH、XRP、LTC及びBCH以外の暗号資産の本邦における取扱いはございません。