暗号資産交換業登録完了のお知らせ

(English follows Japanese)

2020年9月8日
Payward Asia株式会社 

KrakenグループのPayward Asia株式会社、暗号資産交換業登録完了のお知らせ

Payward Asia株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:千野剛司、以下「当社」)は、本日(2020年9月8日)付で、資金決済に関する法律に基づく暗号資産交換業者としての登録が完了いたしましたことをお知らせいたします。

当社は、デジタル資産取引市場のパイオニアであり、かつ、世界的に最もセキュリティの高いデジタル資産取引所として評価されているKraken(クラーケン)の日本法人であります。当社は2018年9月の設立以来、資金決済に関する法律および関係法令並びに一般社団法人日本暗号資産取引業協会の自主規制規則等、暗号資産交換業に関する諸々の規制要件に則り、体勢整備を進めてまいりました。

日本では、世界に先駆けて、利用者財産の保護に関するルールをはじめとする統一的な規制の枠組みが整備されるとともに、暗号資産に限らずブロックチェーンという革新的な技術をどのように育成していくのかという健全な議論が規制当局、事業者および専門家等々、様々なステークホルダーを巻き込んで活発に行われています。Krakenにとって、こうした日本の健全な市場環境でのサービス提供の開始は、グループの更なる成長に欠かせないステップとして位置付けており、2018年の日本でのサービス中止後も、当社を設立したうえで、日本市場でのサービス再開に向けた検討を継続してまいりました。2020年は、サービスの再開にとって最適なタイミングであると感じております。

今回の暗号資産交換業としての登録によって、Krakenが誇るグローバルサービスと世界最高水準のセキュリティを日本のお客様にご提供することが可能となりましたが、当初の取扱いとしては、ビットコイン(XBT)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコイン・キャッシュ(BCH)およびライトコイン(LTC)の主要5資産を対象としたスポット取引(暗号資産と暗号資産の取引ペアおよび法定通貨(日本円)と暗号資産の取引ペア)を予定しており、Krakenがグローバルで提供している他の暗号資産についてはなるべく早期に追加できるよう対応を行ってまいります。サービス提供開始時期は、9月中旬を予定しておりますが、具体的なスケジュールについては、確定次第改めてご案内いたします。

<Payward Japan株式会社を通じたKrakenサービス(廃止済)をご利用されていた場合の留意事項>

  • 日本にお住まいのお客様は、今後のKrakenサービスのご利用にあたって、日本の暗号資産交換業者である当社(Payward Asia株式会社)に口座開設を行なっていただく必要がございます。
  • 2018年7月以前に、Payward Japan株式会社[1]を通じてKrakenサービスをご利用いただいていたお客様につきましても、大変ご不便をおかけいたしますが、新たに口座開設手続きが必要となります(別個のサービスとなりますので、口座移管機能などの提供は予定しておりません)。

 

暗号資産交換業者登録内容

登録番号:関東財務局長 第00022号
登録年月日:2020年9月8日
暗号資産交換業者名:Payward Asia株式会社
本社所在地:東京都千代田区二番町9−3
取り扱う暗号資産:ビットコイン(XBT)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコイン・キャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)

会社概要

名称:Payward Asia株式会社
所在地:東京都千代田区二番町9−3
代表者:代表取締役社長 千野剛司
設立年月日:2018年9月13日
資本金:7億3891万7909円(資本準備金を含む。)
URL:http://blog.kraken.com/japan

■Kraken(クラーケン)について

Krakenは、米国サンフランシスコに本拠地のある、ユーロ建ての取引高と流動性が世界最大のデジタル資産取引所です。Krakenは、30以上のデジタル資産と7つの法定通貨(ユーロ、米ドル、カナダドル、ポンド、日本円、スイスフラン、オーストラリアドル)の取引を顧客に提供しております。
2011年に設立されたKrakenは、ブルームバーグ社の端末にマーケットデータを提供した最初の取引所であり、預り資産に対する暗号技術を用いた検証方法による監査を最初に実施した取引所です。また、ビットコインを対象とした信用取引(レバレッジ取引)を提供した最初の取引所の一つでもあります。Krakenは、世界中の400万人を超えるトレーダー、機関投資家および規制当局から信頼されています。
Krakenに関してさらに詳しくお知りになりたい場合は、www.kraken.comをご覧ください。

 

【本件に関するお問い合わせ先】
広報窓口:中川 西川
メールアドレス:japanpress@kraken.com

[1] 2019年3月31日付で解散決議を行なっており、現在清算手続き中(利用者財産の返還については継続して実施)

 

 

September 8, 2020
Payward Asia, Inc.

Payward Asia, Inc., a Kraken Digital Asset Exchange company, Receives Designation as a Crypto Asset Exchange Service Provider in Japan

Payward Asia, Inc. (Headquarters: Chiyoda-Ku Tokyo, Representative Director: Takeshi Chino, hereinafter “Company”) is pleased to announce that on September 8 2020, the company completed its registration as a Crypto Asset Exchange Service Provider under the Payment Services Act.

Payward Asia is a Japanese entity of Kraken, a pioneer of the digital assets industry and consistently rated the most secure digital asset exchange. Since its establishment in September 2018, Company has been building up internal governance and controls in accordance with local regulations. This includes the Payment Services Act as well as the relevant orders and the self-regulatory rules of Japan Virtual and Crypto Assets Exchange Association.

Japan has pioneered a comprehensive regulatory framework, including the client asset protection rule. Japan has also been at the forefront of necessary and proactive discussions regarding how to foster innovative blockchain technology such as crypto assets. The process was spearheaded by multiple stakeholders such as regulators, service providers, professionals and academics. While we discontinued our business in Japan in 2018, Kraken continued preparing for restarting the business. Kraken feels 2020 is the best year to restart the business in Japan because of the healthy market environment among other reasons.

With the registration as a Crypto Asset Exchange Service Provider, Payward Asia is now able to provide Kraken’s advanced services, backed by its strong security reputation. At launch, our product lineup will include spot trades (both crypto-crypto and jpy-crypto) for five major assets – Bitcoin (XBT), Ethereum (ETH), Ripple (XRP), Bitcoin Cash (BCH) and Litecoin (LTC). We will strive to add other assets and services supported by Kraken outside Japan to the product offering as soon as possible. The service launch is now planned around the middle of September. More details will be announced once the schedule is finalized.

Payward Japan
< Notes for those who used to use Kraken services (abolished) through Payward Japan K.K.>

  • Our clients who are Japanese residents will need to open an account with Company (Payward Asia, Inc.) to start using services in Japan.
  • Those who used to use Kraken services through Payward Japan K.K.[1] also need to take the same account opening process (there will be no account transfer function provided as the services are different from the past). We apologize for the inconvenience.

 

Details of the registration as a Crypto Asset Exchange Provider

Registration Number: Director-General of the Kanto Finance Bureaus  #00022
Date of Registration: September 8, 2020
Registration Name: Payward Asia, Inc.
Address: 9-3 Nibancho, Chiyoda-Ku, Tokyo
Crypto Assets to be handled: Bitcoin (XBT), Ethereum (ETH), Ripple (XRP), Bitcoin Cash (BCH), Litecoin (LTC)

Details of the company

Name: Payward Asia, Inc.
Address: 9-3 Nibancho, Chiyoda-Ku, Tokyo
Representative Director: Takeshi Chino
Date of Establishment: September 13, 2018
Capital: 738,917,909 yen (including capital reserve)
URL:http://blog.kraken.com/japan

About Kraken

Based in San Francisco, Kraken is the world’s largest global digital asset exchange based on euro volume and liquidity. Kraken’s clients trade more than 30 digital assets and 7 different fiat currencies, including EUR, USD, CAD, GBP, JPY, CHF and AUD.
Founded in 2011, Kraken was the first digital asset exchange to have its market data displayed on the Bloomberg Terminal, the first to pass a cryptographically verifiable proof-of-reserves audit and one of the first exchanges to offer leveraged bitcoin margin trading. Kraken is trusted by more than 4 million traders, institutions and authorities around the world.
For more information about Kraken, please visit http://www.kraken.com.

 

【Contact Information】
Contact:Nakagawa / Nishigawa
Email: japanpress@kraken.com

[1]The entity resolved its dissolution as of March 31st, 2019 and is now in the process of liquidation (the process to return client assets is being continued)