日本でのサービス提供開始のお知らせ

(English follows Japanese)

2020年9月18日
Payward Asia株式会社

KrakenグループのPayward Asia株式会社、日本でのサービス提供開始のお知らせ

デジタル資産取引市場のパイオニアで、ユーロ建ての取引高と流動性が世界最大の暗号資産(仮想通貨)取引所であるKraken(クラーケン)グループの日本法人、Payward Asia株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:千野剛司、以下「当社」)は、2020年9月8日に資金決済に関する法律に基づく暗号資産交換業者としての登録が完了し、9月18日に日本でのサービスの提供(口座開設手続き)を開始したことをお知らせいたします。

日本にお住まいのお客様は、本日午前10時より以下のURLから口座開設の手続きを行うことが可能となりました。
https://www.kraken.com/sign-up

Kraken口座へのご入金とお取引の開始は、9月下旬または10月初旬となる見込みです。取引開始の準備が整いましたら、改めてご案内いたしますが、日本のお客様におかれましては、取引の開始に先立って、口座開設手続きを完了されることをお勧めいたします。

今回のサービス開始により、Krakenが誇る世界最高水準のセキュリティのもと、グローバルサービスの提供が可能となりました。セキュリティに関しては、Krakenは日本のみならず世界でも最も厳しく、進んだ管理体制を敷いています。例えば、従業員の利用する機器からオフィスの物理セキュリティにいたるまで、徹底的なリスク評価と対策を実施しています。また、Kraken セキュリティ・ラボ(https://blog.kraken.com/security-labs/)という独自の研究所を通して、ユーザー向けのセキュリティ啓蒙活動も行っております。グローバルサービスという点では、Krakenは全世界で400万人を超える投資家にご利用いただいており、多様なリスクプロファイルを背景に、厚みのあるグローバル流動性へのアクセスと競争的な価格を提供しております。

Payward Asia株式会社の代表取締役社長、千野剛司は次のように述べています。「Krakenグループの悲願であった、日本でのサービス再開を大変嬉しく思います。日本のお客様が、安心してご自分の資産をご自身で管理できる世の中を実現するための一助を担えるよう、他に類を見ない顧客サービスとセキュリティを提供してまいります。」

<日本でサポートする暗号資産>
9月下旬以降に予定している取引の開始時点では、ビットコイン(XBT)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコイン・キャッシュ(BCH)およびライトコイン(LTC)の主要5資産を対象としたスポット取引(暗号資産と暗号資産の取引ペアおよび法定通貨(日本円)と暗号資産の取引ペア)がご利用いただけます。Krakenがグローバルで提供している他の暗号資産については、なるべく早期に追加できるよう対応を行ってまいります。
詳しくはこちらをご参照ください:https://www.kraken.com/ja-jp/sign-up

<Payward Japan株式会社を通じたKrakenサービス(廃止済)をご利用されていた場合の留意事項>
• 日本にお住まいのお客様は、今後のKrakenサービスのご利用にあたって、日本の暗号資産交換業者である当社(Payward Asia株式会社)に口座開設を行なっていただく必要がございます。
• 2018年7月以前に、Payward Japan株式会社[1]を通じてKrakenサービスをご利用いただいていたお客様につきましても、大変ご不便をおかけいたしますが、新たに口座開設手続きが必要となります(別個のサービスとなりますので、口座移管機能などの提供は予定しておりません)。

■ 暗号資産交換業者登録内容
登録番号:関東財務局長 第00022号
登録年月日:2020年9月8日
暗号資産交換業者名:Payward Asia株式会社
本社所在地:東京都千代田区二番町9−3
取り扱う暗号資産:ビットコイン(XBT)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコイン・キャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)

■ 会社概要
名称:Payward Asia株式会社
所在地:東京都千代田区二番町9−3
代表者:代表取締役社長 千野剛司
設立年月日:2018年9月13日
資本金:7億3891万7909円(資本準備金を含む。)
URL:http://blog.kraken.com/japan

Kraken(クラーケン)について
Krakenは、米国サンフランシスコに本拠地のある、ユーロ建ての取引高と流動性が世界最大のデジタル資産取引所です。Krakenは、30以上のデジタル資産と7つの法定通貨(ユーロ、米ドル、カナダドル、ポンド、日本円、スイスフラン、オーストラリアドル)の取引を顧客に提供しております。
2011年に設立されたKrakenは、ブルームバーグ社の端末にマーケットデータを提供した最初の取引所であり、預り資産に対する暗号技術を用いた検証方法による監査を最初に実施した取引所です。また、ビットコインを対象とした信用取引(レバレッジ取引)を提供した最初の取引所の一つでもあります。Krakenは、世界中の400万人を超えるトレーダー、機関投資家および規制当局から信頼されています。
Krakenに関してさらに詳しくお知りになりたい場合は、www.kraken.comをご覧ください。

【本件に関するお問い合わせ先】
広報窓口:中川、西川
メールアドレス:japanpress@kraken.com

[1] 2019年3月31日付で解散決議を行なっており、現在清算手続き中(利用者財産の返還については継続して実施)

 

September 18, 2020
Payward Asia, Inc.

Kraken entity Payward Asia Launches in Japan

Payward Asia, a Crypto Asset Exchange Service Provider, is pleased to announce today, it launched services in Japan. Interested clients can now sign up and open an account. Payward Asia Inc., (Headquarters: Chiyoda-Ku Tokyo, Representative Director: Takeshi Chino, hereinafter “Company”) is a Japanese entity of Kraken, which is a pioneer of the digital assets industry and consistently rated the most secure digital asset exchange.

“We are pleased to start offering our services in Japan, which has been a long-held ambition of Kraken,” said Takeshi Chino, CEO of Payward Asia Inc. “Our aim is to bring our unparalleled client service and security to help Japanese clients securely manage their assets and achieve financial freedom.”

Beginning at 10:00 a.m. JST on September 18, clients in Japan can now open an account from the following URL: https://www.kraken.com/sign-up

Funding a Kraken account with JPY and trading is expected to be available by early October. Clients must have an account to begin trading.

Payward Asia is a regulated entity according to the Payment Services Act and a member of the Japan Virtual and Crypto Assets Exchange Association.

For more information, please visit Kraken Is Returning to Japan

<Product offering in Japan>

When trading launches, our product offering will include spot trading, both crypto-crypto and jpy-crypto, for five major assets – Bitcoin (XBT), Ethereum (ETH), Ripple (XRP), Bitcoin Cash (BCH) and Litecoin (LTC). We will strive to add other assets and services supported by Kraken outside Japan to the product offering as soon as possible.

Payward Japan

< Notes for those who used to use Kraken services (abolished) through Payward Japan K.K.>

  • Our clients who are Japanese residents will need to open an account with Company (Payward Asia, Inc.) to start using services in Japan.
  • Those who used to use Kraken services through Payward Japan K.K. [2]also need to take the same account opening process (there will be no account transfer function provided as the services are different from the past). We apologize for the inconvenience.

Details of the registration as a Crypto Asset Exchange Provider

Registration Number: Director-General of the Kanto Finance Bureaus  #00022
Date of Registration: September 8, 2020
Registration Name: Payward Asia, Inc.
Address: 9-3 Nibancho, Chiyoda-Ku, Tokyo
Crypto Assets to be handled: Bitcoin (XBT), Ethereum (ETH), Ripple (XRP), Bitcoin Cash (BCH), Litecoin (LTC)

Details of the company

Name: Payward Asia, Inc.
Address: 9-3 Nibancho, Chiyoda-Ku, Tokyo
Representative Director: Takeshi Chino
Date of Establishment: September 13, 2018
Capital: 738,917,909 yen (including capital reserve)
URL: http://blog.kraken.com/japan

About Kraken

Based in San Francisco, Kraken is the world’s largest global digital asset exchange based on euro volume and liquidity. Kraken’s clients trade more than 30 digital assets and 7 different fiat currencies, including EUR, USD, CAD, GBP, JPY, CHF and AUD.

Founded in 2011, Kraken was the first digital asset exchange to have its market data displayed on the Bloomberg Terminal, the first to pass a cryptographically verifiable proof-of-reserves audit and one of the first exchanges to offer leveraged bitcoin margin trading. Kraken is trusted by more than 4 million traders, institutions and authorities around the world.

For more information about Kraken, please visit www.kraken.com

【Contact Information

Contact:Nakagawa / Nishigawa

Email: japanpress@kraken.com

[1]The entity resolved its dissolution as of March 31st, 2019 and is now in the process of liquidation (the process to return client assets is being continued)